CATALOG SITE

  1. 製品を見る
  2. 製品一覧

TECHNICAL SITE

メールニュースバックナンバー

MailNews

トルクシステムの役立つ情報
エアーツールの作業改善をご提案

今回は簡単に実現できる作業改善のご提案です。

このメールは日頃からお世話になっているお客様、弊社社員と名刺交換させていただいたお客様、iprosなどの情報サイトでお問い合わせ頂いたお客様、にお送りしています。配信停止に関してはメール末尾をご覧ください。

エアートルクレンチ、インパクトレンチ、エアーグラインダーなど、圧縮空気が動力源のツールはとても身近な存在です。しかしながら元圧が低かったり、あちこちで同時に使用されて流量が少なくなったりして、なかなかツール本来の能力を発揮しきれていないケースをよく目にします。

ツールに供給されるエアー圧力、流量の損失をできるだけ少なくすれば、ツールパフォーマンスは向上します。その方法のひとつとして、エアー接続カップリングでの抵抗を減らす手があります。

今回ご紹介するスイングカップリングは、一般的なカップリングと異なりバルブレスのフルフロー仕様のため、流量で約40%。圧力損失1/2~1/3減。結果的に電気代節約、作業スピードアップに繋がります。

無圧状態でニップル装着するので、鞭打ち現象も起こりません。ツールへの供給ラインをこのカップリングに替えるだけで、まずエアモーターの音の違いに気付きます。

低コストですぐにできる改善で、 ぜひツールパフォーマンスをアップさせてください。なお以前にご紹介した、エアー2本繋ぎも合わせて掲載しています。

上記の詳しい内容をまとめた物が今回の紹介チラシとなります。 ご関心をいただけましたら、ぜひお声がけください。

エディターズノート

雨模様を楽しみつつ、梅雨明けも待ち遠しい広報の五十川です。今年の本州の梅雨明けは7月20日前後の予定!

高速道路や幹線道路で見られる不思議な落し物… 「なぜそこにあるのか」のウワサを調べてみました。

◯片方だけの軍手
ひと昔前のトラックの燃料キャップは構造上漏れやすい物があり、その漏れを防ぐためキャップにかぶせていた軍手が落下したため。(もちろん荷台に置いてある物が風で飛ぶケースも)
また、高速道路は農地などの地価が安い所に建設させるが、その近辺に多いモグラにとって、農作業に使う軍手は巣作りに最適で、盗んで移動する際に車に轢かれて軍手だけ残ってしまう、なんていう説もあるのだとか。

◯片方だけの靴
子供用の靴の場合は「子供が窓から自分の靴を投げた」ケースが意外によくあるそうです。大人用の靴や、作業靴などの場合は、履き替える時に荷台や車の上に置いたまま発進てしまったケース。車の中に仕事で汚れた靴を持ち込みたくない人はたくさんいますよね。逆にヒールなどの女性用の靴はあまり見ないのも納得です。

なるほど!という感じですが、靴などが道路上に残ったままだと、事故につながる可能性もあります。見つけたら「道路緊急ダイヤル(#9910)」に連絡しましょう。

お問い合わせなど

◯ご紹介した製品についてのお問い合わせ・デモ依頼は
[FreeDial] 0120-710-969
[e-mail] info@torque-system.jp
◯その他の商品を見る場合は、webへアクセス!
http://torque-system.jp/