CATALOG SITE

  1. 製品を見る
  2. 製品一覧

TECHNICAL SITE

メールニュースバックナンバー

MailNews

トルクシステムの役立つ情報
ゆるまないナット「ロードナット」のご紹介

今回は、緩もうとするとより締まっていく構造を持つ、新製品「ロードナット」をご紹介します。

このメールは日頃からお世話になっているお客様、弊社社員と名刺交換させていただいたお客様、iprosなどの情報サイトでお問い合わせ頂いたお客様、にお送りしています。配信停止に関してはメール末尾をご覧ください。

既存ナットと取り替えるタイプの製品で、 M16からM100以上の大型ボルトまで、ハンドトルクレンチ1本で大きな軸力を得られます。

反力が取れない、振動が多くて緩みやすい、大型の油圧レンチやテンショナーなどは高価で使いたくない、動力源が無い現場である、そんなケースに最適です。要求軸力に合わせたカスタマイズも可能です。

仕組みなどについて、まずは紹介チラシをご覧ください。そして、ご関心をいただけましたら是非お問合せください。

エディターズノート

急な気温の変化にみなさん体調を崩していませんか?先日こたつ布団を買った広報の五十川です。

寒くなってそろそろ毛布を、と考える方も多いのではないでしょうか。そこで「いちばん暖かい毛布の位置」について調べてみました。

前提:羽毛布団、毛布、敷布団を1枚づつ使用して寝る場合にいちばん暖かい順番のTOP3(敷布団は一番下)

【第3位】羽毛布団→毛布→(人)→敷布団
【第2位】毛布→羽毛布団→(人)→敷布団
【第1位】羽毛布団→(人)→毛布→敷布団
3位が最もポピュラーかと思いますが、それ以上に暖かい方法がやはり存在しました!

これは羽毛布団や純羊毛布団など、肌に密着させることで暖かい空気で膨らみ、層を作って保温効果を得るタイプの寝具での話になるようです。

綿やポリエステルなどの化学繊維の布団には無い効果なので、この場合は布団が上でもかまいません。逆に毛布でも吸湿性や蓄熱性が高いカシミヤやウールなど、天然素材のものは肌に密着させると同様の効果が生まれます。

暖かさも大事ですが、個人的には肌に触れる毛布の感触も重要です!素材をうまく組み合わせて、暖かく快適な夜を過ごしましょう。

お問い合わせなど

◯ご紹介した製品についてのお問い合わせ・デモ依頼は
[FreeDial] 0120-710-969
[e-mail] info@torque-system.jp
◯その他の商品を見る場合は、webへアクセス!
http://torque-system.jp/