CATALOG SITE

  1. 製品を見る
  2. 製品一覧

多彩なラインナップを誇る 個性派ぞろいのレンチ用ポンプ

  • CLASS
    ポンプ PUMPS
  • POWER
    電気 / エアー ELECTEIC / AIR
  • PRODUCT BY
    TORQUE SYSTEM
最も軽量・小型のM-100

片手で軽々持てるほど軽量・小型のモデルで、現場を選ばず持ち運べます。

防爆エリアで使用可能なA-123

電気式だけではなく防爆エリアで使用可能なエアー式も取り揃えています。

大きなレンチにTQS-400

業界最速を誇る超ハイスピードポンプ。大きなレンチや複数同時駆動にオススメです。

適切なポンプ選びでツールの能力を最大限に発揮

最大吐出圧70Mpaで電気式(100V・200V)エアー式の全9種類のラインナップ
吐出圧は共通ですが、吐出量をはじめスペックには各種大きな差があり、スペック表には表れないそれぞれの特徴も存在します。 何を重視するかで選定のポイントは変わりますが、[動力源][持ち運びのしやすさ][作業スピード][連続使用時間]など 基準はたくさんありますので、快適な作業のためにデモや打ち合わせをしながら選定のお手伝いをさせて頂きます。
■ポジションマップ
ポジションマップ
  • ■TQS-M100最も小型で軽量。持ち運びの多い現場に最適。
    • スピード
    • 可搬性
  • ■TQS-P100100Vと200Vを選べる、最も経済的なモデル。
    • スピード
    • 可搬性
  • ■TQS-5.2アルミフレーム採用の軽量モデル。
    • スピード
    • 可搬性
  • ■TQS-230200Vのスタンダードモデル。4ポート標準装備。
    • スピード
    • 可搬性
  • ■E-0553スピードバルブ搭載の高速タイプ。
    • スピード
    • 可搬性
  • ■TQS-400最速、高耐久モデル。大型レンチや複数同時駆動に。
    • スピード
    • 可搬性
  • ■TQS-A52エアー駆動式で最も小型軽量。
    • スピード
    • 可搬性
  • ■TQS-A123エアー駆動の高速モデル。複数同時駆動も。
    • スピード
    • 可搬性
  • ■TQS-A-01S長時間駆動に適した耐久性の高いモデル。
    • スピード
    • 可搬性

現場密着だから分かる 作業員のホンネ

大型のレンチを使用する現場で、ポンプはもともとあった物を使っており、 ボルト1本締めるのに5分近く時間がかかっているケースがありました。数種類でデモを行い、 高速タイプの「TQS-400」を試した所、レンチが快適なスピードで動いて1本1分程度。サイズは少し大きめですが、 フランジ作業全体の時間が大幅に短縮。ポンプでここまで変わるのか、と大好評でした。

サイズ・スペック

ELECTLIC SPEC

TQS-M100
TQS-P100
TQS-5.2
TQS-230
E-055
TQS-400
動力源 最大消費電力(A) 吐出量(ℓ/分) 外径寸法(mm) 吐出ポート数 オイルクーラー タンク容量(ℓ) 重量(kg)
高圧時 中圧時 低圧時 縦幅 横幅 高さ
AC100V単相 7 0.28 - 2.0 235 190 343 1 × 2.0 16
AC110V/220V単相 14(100V) / 7(200V) 0.6 - 4.8 254 230 406 1 × 4.7 24.5
AC220V単相 6 0.4 - 4.2 370 235 365 1 × 3.8 16
AC220V単相 10 0.8 - 10.8 396 241 460 4 × 9.5 27.5
AC220V 単相 10 0.7 1.8 6.4 440 239 470 4 5.7 27.7
AC220V三相 12 2.5 - 12.7 430 425 615 2〜4 20 90

重量 ※オイル込

AIR SPEC

TQS-A52
TQS-A123
TQS-01S
動力源 必要空気量(ℓ/分) 吐出量(ℓ/分) 外径寸法(mm) 吐出ポート数 オイルクーラー タンク容量(ℓ) 重量(kg)
高圧時 中圧時 低圧時 縦幅 横幅 高さ
圧縮空気 500〜800kpa 1,800 0.5 - 6.0 400 250 360 1 - 2.0 18
圧縮空気 500〜800kpa 3,600 1.0 2.2 12.5 520 275 395 4 - 5.0 25
圧縮空気 500〜700kpa 1,000 0.8 - 2.8 340 230 350 1 - 1.9 22

重量 ※オイル込

関連商品

この製品を使用する際は下記製品も必要となります。

TECHNICAL SITE 関連情報を
チェック!

TECHNICAL INFO 製品関連情報一覧