CATALOG SITE

  1. 製品を見る
  2. 製品一覧

ハイパワー出力と多彩な オプションで安定測定を実現

  • CLASS
    軸力計 AXIAL FORCE METER
  • POWER
    電池 BATTERY
  • TYPE
    超音波 ULTRASONIC
  • PRODUCT BY
    norbar
±80Vの高出力波で長尺ボルトにも

片面からの反射測定で最長6m。透過測定(ピッチ&キャッチ)なら15mまでの測定が可能です。

測定時のバラつきを防止

接着式トランスデューサを使えば常に同じポイントで測定ができるので経時変化の確認に最適です。

大型ディスプレイと軽量ボディ

約5インチの暗い所でも見やすい画面、スチールとアルミ製の2.25kg防水軽量ボディ。

高精度で均一な締付を実現する超音波軸力計の原理と特徴

  1. 選べる電源

    ACアダプタ(96−264V 標準付属)、もしくは単一電池4個で使用可能。

  2. 自動トリガーによる分かりやすい検出ポイント
  3. 十分なデータ保存容量

    ボルト4000本及び、2万件の伸びと荷重値を保存可能。

  4. PCへ取り込み

    内蔵フラッシュメモリのデータをUSBでPCと接続し転送可能。

計測画面イメージ

  • 測定波形
  • 測定値と軸力伸び
  • 測定安定度レベル

現場密着だから分かる 作業員のホンネ

どれだけ精度の高いトルクレンチを使ったとしても、トルク管理だけではどうしても一定のバラつきが生じます。均一な締付をしないと漏れが心配なフランジなどでは、 軸力計による伸び管理が非常に有効で、スマートかつ安心感のある締付が実現できます。機器単体の販売やレンタルはもちろんですが、現場立ち会いをしての軸力管理と報告書の作成も合わせたご要望が非常に多く、人気となっています。

使い方・導入事例を動画でご紹介

超音波軸力計の計測方法イメージがよく分かります。軸力によりボルトの伸びを計測するので、トルクの数値による締め付け管理よりも、より高い精度での管理が可能になっています。

超音波軸力計で化学工場の熱交換器ボルト(M56)の伸び測定しています。計測にかかる時間はわずかで、油圧トルクレンチとともにトランデューサを付けかえていくだけです。トランデューサも磁石式 接着式と選べます。

サイズ・スペック

SIZE

SIDE
SIDE SIZE
FRONT
FRONT SIZE
TRANS
TRANS SIZE

SPEC

標準モデル1
標準モデル2
標準モデル3
標準モデル4
標準モデル5
標準モデル6
標準モデル7
標準モデル8
標準モデル9
トランスデューサ径 周波数(MHz) 使用温度(℃) A(mm) B(mm) C(mm) D(mm) 部品番号
(in) (mm)
3/16 4.76 5.0 54 9.7 13 54 29 56016
3/16 4.76 7.5 54 9.7 13 54 29 56017
3/16 4.76 10.0 54 9.7 13 54 29 56018
1/4 6.35 5.0 54 19 19 60 35 56009
1/4 6.35 10.0 54 19 19 60 35 56019
1/2 12.7 2.25 54 25 19 60 35 56011
1/2 12.7 5.0 54 25 19 60 35 56010
3/4 19.05 1.0 54 30 19 60 35 56020
3/4 19.05 5.0 54 30 19 60 35 56012

OPTION 部品番号

10’(3m)トランスデューサ線 60235 10’(3m)トランスデューサ線 直線コネクタ 60235.RA
20’(6m)トランスデューサ線 60236 20’(6m)トランスデューサ線 直線コネクタ 60236.RA
10’(3m)トランスデューサ線 高温200℃
テフロン
60235.HITEMP 10’(3m)トランスデューサ線 高温200℃
テフロンアーマー・コート
60235.ARM
10’(3m)トランスデューサ線 接着式 60270 6’RS232(Serial Lead)
トランスデューサ線DB9 オス/メス
61116
トランス用ケーブル 39453 長さバーセット 76mmと452mm
承認団体による証明書付き
61117
※ボルト丈夫にスペースがない場合は横コネクタ付きトランスデューサが、また175℃まで対応のトランスデューサもあります
専用キャリングケースが付属

オールインワン収納ケースが標準付属で、トランスデューサなどもまとめて収納。本体用のナイロン製キャリングケースもついています。

SVサービス

【超音波軸力計を使った軸力測定をSVという立場で軸力計操作・作業監修を行います】

使い方に難しいイメージがある超音波軸力計。確かに取り扱いは簡単とは言えず、高精度締付を実現するためのツールで操作ミスをしては意味がありません。そこで超音波軸力計の操作・測定作業を代行し、適切な締付を監修するSVサービスも行っています。

関連商品

この製品を使用する際は下記製品も必要となります。

TECHNICAL SITE 関連情報を
チェック!

TECHNICAL INFO 製品関連情報一覧