CATALOG SITE

  1. 製品を見る
  2. 製品一覧

TECHNICAL SITE

メールニュースバックナンバー

MailNews

トルクシステムの役立つ情報
新スタッフ紹介

 今回は春に続き、近年に入社した6名の若手社員を紹介します。 

このメールは日頃からお世話になっているお客様、弊社社員と名刺交換させていただいたお客様、iprosなどの情報サイトでお問い合わせ頂いたお客様、にお送りしています。配信停止に関してはメール末尾をご覧ください。

関東営業所の営業マン、ツールの整備や現地でのSVを担っている技術G、開先加工やもみ取りなどの現地加工工事を行っている工事G、本社管理部と所属は多岐に渡ります。

既に一部のお客様とはコンタクトさせていただいておりますが、まだまだ未熟な面も多く、皆様のご指導をいただきながら日々奮闘しております。

弊社のスタッフは全く別業界からの転身者が多く、それ故に個性豊かなメンバーが揃っています。仕事をするのが好きで思考が前向きであり、積極的に仕事を楽しめることが何より重要な資質だと考えています。

彼らの素顔を少しでも知っていただきたく、前回紹介できなかったメンバーの特集とさせていただきました。現場などで顔を見かけた際には、ぜひお声掛けいただけたら嬉しい限りです。

エディターズノート

マスクをした夏がとても暑い事を思い出し、1年の早さを実感しますね。冷感系マスクって効果ありそうですか?広報の五十川です。
 
オリンピック期間も真只中、今回は目新しい競技が目立ちますが、改めて「新競技」についてまとめてみました!ちなみに3x3はバスケットボール競技の「新種目」扱い、野球・ソフトボールは競技の復活という感じですね。
 
○空手
種目は、演舞を披露し出来ばえを採点する「形」と、1対1で特定部位に攻撃を決めて(寸止め)ポイントを競う「組手」の2つ。組手は攻撃方法・攻撃箇所・禁止事項などが明確に決まっているようです。8月5〜7日に開催予定。

○スケートボード
種目は、先日日本人選手が金メダルを獲得し盛り上がりをみせた、街のようなコースに設置された手すりや坂を使ってトリック(技)の得点を競う「ストリート」と、フチのせり上がった窪地状のコースで空中トリックを決める「パーク」の2つ。ストリートはRUN + BEST TRICKの合計点で競いましたが、パークはRUNに似た感じで、45秒間自由に滑走します。8月4〜5日に開催予定。

○スポーツクライミング
本来の種目は、高さ15mの壁を登るタイムを競う「スピード」、高さ4mの壁に設置された課題をいくつ登れるかを競う「ボルダリング」、高さ15m超の壁に設置された難しい課題をどこまで攻略できるかを競う「リード」、だがオリンピックではこの3つの総合ポイントで順位を決める形(コンバインド)となる。8月3〜6日に開催予定。私も何年もボルダリングやっているので楽しみにしています!

○サーフィン
30分程度を1ヒート(試合)とし、同時に複数名の選手がポイントを競う。良い波に乗るための位置取りや波の見極めも重要となる点が他の採点競技とは異なる。使用するのはショートボード。開催日程は予備日を含め8月1日まで予定されていましたが、台風による高い波の中、27日の見事に日本人選手が銀・銅メダル獲得となりました。

2024年パリで開催されるオリンピックでは、空手や野球・ソフトボールは行われず、それ以外の3競技は継続が決まっているようです。また新競技として「ブレイキン(ブレイクダンス)」の追加が決定しています。IOC側には若者を取り込みたい狙いがあるようで、今後も「ちょっとやってみたいな」と思えるスポーツが採用されていくかもしれませんね!

お問い合わせなど

◯ご紹介した製品についてのお問い合わせ・デモ依頼は
[FreeDial] 0120-710-969
[e-mail] info@torque-system.jp
◯その他の商品を見る場合は、webへアクセス!
https://torque-system.jp/