CATALOG SITE

  1. 製品を見る
  2. 製品一覧

TECHNICAL SITE

メールニュースバックナンバー

MailNews

トルクシステムの役立つ情報
最新バッテリー式電動トルクレンチのご紹介

昨年の発売以来、高い評価をいただいている最新のバッテリー式電動トルクレンチを改めてご紹介します。

このメールは日頃からお世話になっているお客様、弊社社員と名刺交換させていただいたお客様、iprosなどの情報サイトでお問い合わせ頂いたお客様、にお送りしています。配信停止に関してはメール末尾をご覧ください。

ツール本体にWi-fi機能を搭載し、スマートフォンのアプリで目標トルクや目標角度、許容範囲、締付本数などの締付条件を設定して、無線で設定完了。(もちろんツール本体での設定も可能です)

作業者の方は、ボルトにセットしてトリガーを引けば目標値までの締付を開始し、目標に達したらグリーンランプが点灯して締付OKを視認できます。目標に達しなかった場合は赤ランプが点灯してエラーを教えてくれますので、暗い場所での作業でも安心です。

さらに締付結果はツールに保存され、スマホと通信してデータを取得し、CSVデータとして出力もできます。大容量バッテリーは一度の充電で100本程度の締付が可能となり(トルク値により変動します)、バッテリー残量を気にすることも少なくなりました。 

上記内容を写真付きでまとめたものが今回の紹介ちらしとなります。デモ機の用意もございますので、ご関心をいただけましたら是非お問合せください。

エディターズノート

天気予報の雨マークがあんなに続いたのは、私の記憶では初めてでした。雨のひどかったエリアがとても心配です。広報の五十川です。
 
まだまだ暑いこの季節、元気のでる食べ物で乗り切りたいところ。実は間も無く旬を迎える「ごま」を調べてみました!
 
○長い歴史のごま
ごまの出身地はアフリカのサバンナ地帯。およそ6000年も前から、品種改良を続けられてきたそうです。ちなみに薄いピンクの色のかわいい花が咲き、それがさやになり、中に種子となるごまが入っています。

○世界で愛されるごま
和食のイメージがありますが、「ひらけごま!」なんて呪文もあるように、実は世界中で愛されています。古代エジプトではクレオパトラも愛用し、なんとミイラ作りにも使われ、紀元前の中国でも不老不死の妙薬とされていたとか。日本には縄文時代に入ってきたようですが、今は99.9%を輸入に頼っています。国産ごまはわずか0.1%…貴重品ですね!

○白ごま・黒ごま・金ごま
クセがなく使いやすい白ごま、味が濃くスイーツにもあう黒ごま、お値段はちょっと高いけどうまみや風味が強い金ごま。しかし実は栄養価にはほぼ違いがないみたいです。どれも脂質は多いもののコレステロールを下げる効果や、抗酸化作用もあり、ビタミンやタンパク質を多く含みます。

○ごまかす? 
「胡麻胴乱」という、ごまと小麦粉を使って焼いた「胡麻菓子」があり、よく膨らんで中身が空洞であったため、見かけにだまされた!となったのが語源という説があります。決してごまは悪くない…

ちなみに栄養満点のごまですが、皮が硬いため、粒のまま食べても栄養が効率よく体内に吸収されません。すりごまやごま油なども選択肢に入れて、残暑を乗り切りましょう!

お問い合わせなど

◯ご紹介した製品についてのお問い合わせ・デモ依頼は
[FreeDial] 0120-710-969
[e-mail] info@torque-system.jp
◯その他の商品を見る場合は、webへアクセス!
https://torque-system.jp/